楽天Edyの使い方・お得なポイントを図解で解説!クレジットカードチャージを活用しよう

更新日:

楽天Edy」の使い方・チャージ方法・お得な使い方などをまとめました。

楽天Edyは搭載されているカードの種類によってチャージ方法や使い方が異なります。この記事は「楽天カードに搭載されている楽天Edy」について使い方をまとめていきます。

楽天Edyで貯められるポイントは?

楽天Edyを使うメリットは、ずばり3つあります

  • ポイントの多重取り
  • 楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換して使える
  • 天Edyの利用キャンペーンで得する

ポイントの2重取りは当たり前、場合によっては3重取り・4重取りまで可能です。複数のポイントを獲得するテクニックがあります。

楽天カード 種類

とにかくポイントを効率的に集めたい、もらえるポイントは全部受け取りたい!

そんな方には電子マネー「楽天Edy」の使い方をマスターしてお得に買い物をしちゃいましょう!

楽天Edyを使って貯められるポイント

楽天カードに搭載の楽天Edyで決済を行うと、楽天スーパーポイントが貯まります。200円(税込)ごとに、1ポイントです。

楽天ポイントカード加盟店の場合、楽天Edy決済とは別に「ポイントカードの提示」でも楽天ポイントが貯まります。100円または200円ごとに1ポイントです。

ポイントの積算ルールは加盟店によって異なります。

参考楽天ポイントカードが使えるお店

例えば楽天ポイント加盟店の「PRONTO(プロント)CAFFE & BAR」で楽天Edyを使って支払いをすると、「Edy決済」と「ポイントカード提示」の2回ポイントを獲得することができます。

プロントで呑んだコーヒーカップのロゴ

楽天ポイント加盟店は街中でどんどん増えているので、「楽天カード」は財布に常に入れておいたほうがいいと思います。

クレジットカード払いとどっちがお得?

楽天はクレジットカードなので、カード払いとどっちが得でしょうか?

例えば先のPRONTO(プロント)では、楽天Edy決済で200円につき1ポイント付与+ポイントカード提示で200円につき1ポイントもらうことになります。つまり200円につき2ポイント獲得できることになります。

その一方で、楽天カード払いをした場合、カード決済で100円につき1ポイント+ポイントカード提示で200円につき1ポイントですので、合計すると200円につき3ポイント獲得できることになります。

普通に使う分には「楽天カードの方がお得」と言えます。

ですが、ここで「楽天Edyのチャージ方法」に着目すると、実はそれ以上に得できるテクニックがあるんです。

楽天Edyは単体で利用してしまうと、たったの0.5%還元ですが、クレジットカードや専用のチャージデバイスと組み合わせて利用することで還元率がアップします。

楽天Edyで得する為には、支払い方よりもチャージ方法がネックになってきます。

チャージを通じて得する方法は主に2つあります。

チャージで得する方法1.クレジットカードでチャージする

楽天Edyで最も重要なのはクレジットカードを使ってチャージすることです。

楽天Edyにチャージすると、ショッピング利用同様にクレジットポイントが貯まるクレジットカードがあります。全てのクレジットカードがそうではないです!

楽天Edyのチャージで得するクレジットカードを使うことで、還元率アップを狙うことができます。

例えば楽天カードです。

楽天Edyチャージ200円につき1ポイントが獲得できます。つまり「チャージ」と「決済」の2ステップで楽天スーパーポイントを獲得できます。

それが楽天ポイント加盟店での買い物であれば、さらに「提示」楽天スーパーポイント獲得ができることになります。

この場合、「チャージ」+「提示」+「決済」の3つのステップでポイントを獲得できます。これが「ポイントの3重取り」、楽天Edyの醍醐味です!

チャージ 200円ごとに1ポイント
提示
(楽天ポイント加盟店)
100円または200円ごとに1ポイント
決済 200円ごとに1ポイント

またローソンでは「Pontaカード」を、ファミリーマートでは「Tポイントカード」を「提示」すればそれぞれのポイントも獲得できます。

ローソンで利用
クレカチャージ楽天Edy+Pontaカード提示
「チャージ」「提示」「支払い」でポイントの3重取り
ファミリーマートで利用
クレカチャージ楽天Edy+Tポイントカード提示
「チャージ」「提示」「支払い」でポイントの3重取り

ポイントの多重取りにはクレジットカードによるチャージが欠かせません。

楽天Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカード

どんなクレジットカードでもOkというわけじゃありません。種類は結構限られています。(一部紹介)

クレジットカード名 還元率 税抜カード年会費
リクルートカード(VISAのみ) 1.2%  永年無料
楽天カード 0.5%  永年無料
楽天PINKカード 0.5%  永年無料
エポスカード 0.5%  永年無料
JMBローソンPontaカードVisa 0.5%  永年無料

今回は利用頻度の高く、年会費無料のカードだけピックアップしています。

楽天Edyチャージ、おすすめはリクルートカード

表を見ていただくとわかるかと思いますが、還元率が1.0%を超えるカードでカード年会費がかからないのは「リクルートカード」だけです。

還元率は最高の1.2%です。

楽天Edyのためのチャージ専用カードとして「リクルートカード(VISA)」を持つのが理想的です。

キャッシュバックの差がどのくらい生まれるか計算してみました。

還元率0.5%[A] 還元率1.2%[B] 差[B-A]
年間利用額1万円 50円 120円 70円
年間利用額5万円 250円  600円  350円
年間利用額10万円  500円 1,200円  700円
年間利用額20万円  1,000円 2,400円 1,400円

無駄なくポイントを集めるためには「リクルートカード(VISA)」が最強ということがわかります。楽天カードを使ってもポイントを稼ぐことはできますが、更に高みを目指したい方は是非リクルートカードを持って下さい。

年会費も無料なので持っていて、全く損はないです。

リクルートカード

【要確認】最大の注意点が1つある☆☆

楽天Edyのチャージには、リクルートカードが最強です。

しかし問題もあります。

  • 楽天カードの楽天Edy」には天カードでしかチャージできないこと
  • 楽天カード以外でクレジットカードチャージするためには、環境を整えなくてはいけない

具体的にはこうです。

  1. リクルートカードでは楽天カードの楽天Edyにチャージできない。
  2. よって別の楽天Edy(Edy-楽天ポイントカード)を用意する必要がある。
  3. チャージするための環境も必要(「楽天Edyリーダー」または「パソリ」、「NFC機能(おサイフケータイ)が搭載されたAndroid端末」など)

楽天カード以外のリクルートカードでチャージするためには、こういうハードルがあるわけです。

ちなみにこれが楽天Edyリーダーです。

これが楽天Edy専用のパソリです。

NFC機能(おサイフケータイ)が搭載されたAndroidをお持ちの方であれば、アプリでチャージできますので、これらは不要です。

つまり「おさいふケータイ対応のスマホ」を使っている方はリクルートカード選んだ方が良いです!

楽天カードには「楽天Edyリーダー」または「パソリ」も不要!!

その一方で楽天カードを使う場合、前で紹介したような別の楽天Edyやパソリなんて不要です。

楽天カードはやはり特別で、クレジットカードチャージが超簡単です!

この記事で説明しています。

まとめるとこうです。

楽天カード リクルートカード
チャージ時のポイント還元率 0.5% 1.2%
必要なもの ネット環境(パソコン/スマホ) 「楽天Edyリーダー」
「パソリ」
「おサイフケータイ有りAndroid端末」など
(いずれもネット環境は必須)
主なチャージ場所 ファミマ・ローソン 使うデバイスによる(主に自宅で可能)

ただし楽天カードでも「楽天Edyリーダー」または「パソリ」を使ってチャージをすることもできます。

これらのデバイスは「自宅でのチャージを可能にするアイテム」です!

楽天Edyリーダーのメリットは自宅のパソコンでクレジットカードチャージできること。楽天Edy専用のパソリのメリットはスマホがあればクレジットカードチャージできること、になります。

あったら、あったで超便利です。

チャージ得する方法2.楽天ポイントを楽天Edyに交換できる

ここで解説することは、楽天Edyの還元率アップとは関係がありません。ですが楽天ポイントを無駄なく活用するという点で重要になってくるので、紹介しておきたいと思います。

楽天ポイントを楽天Edyに交換することができます。1ポイントを1円分の楽天Edyに交換できます。(期間限定ポイントは対象外です)

これを行うと、「楽天Edyを使えるお店では楽天ポイントで支払いを行える」ということになります。

楽天のポイント加盟店である「PRONTO(プロント)CAFFE & BAR」や「無添くら寿司」では、楽天ポイントを使って「ポイント支払い」ができます。

でも「カレーハウスCoCo壱番屋」ではどうでしょう?

ココイチは楽天ポイント加盟店ではないので、楽天ポイント払いをできません。

でも楽天Edyで決済をすることができます。

そこで楽天ポイントを楽天Edyに交換しておいて決済すれば、よそで貯めた楽天ポイントでココイチの支払いができることになりますよね!

もちろんポイント還元の損得でいえば、ココイチでもカード決済をした方が得です。

でも「現金を使わない」という点では、大変有効な節約方法です!私も良くこの方法を使って現金を使わずに買い物をします。

賢い消費者の皆さんは楽天Edyで「楽天ポイントを消費して、現金を使わない!節約法」を是非実践してください。

楽天ポイントを楽天Edyに交換できるのは、楽天カードまたは「楽天スーパーポイントを貯める」設定が完了したケータイ・スマートフォンのみとなります。それ以外のEdyカード・Edyストラップ等は交換対象外です。

参考手続きはこちらから

楽天Edyのキャンペーンをフル活用!

その他にも楽天Edyを使って得する点があります。

楽天Edyの利用キャンペーンやチャージのキャンペーンをフル活用すること。

例えば「初めてEdyデビューする方には、〇〇ポイントプレゼント!」や「楽天のシルバー会員以上の方に〇〇円チャージ済のEdy-楽天ポイントカードプレゼント」などとにかくエントリーして利用しないと、損するキャンペーンがたくさんあります!

毎月開催されている「〇〇ポイント山分けキャンペーン」や「ポイント5倍キャンペーン」など様々な企画があります。

ぜひ楽天Edyのキャンペーン一覧ページはブックマークに登録しておきましょう!

広告楽天Edyオフィシャルショップ/「Edy-楽天ポイントカード」や「楽天Edyストラップ」を販売中!

参考楽天Edyのキャンペーン一覧【公式HP】

こういったキャンペーンを利用することで、さらにポイント獲得ができますよ!

楽天Edyを始めるなら楽天カード!

楽天Edyオフィシャルショップを見てもらえば、様々カワイイ楽天edyのカードが手に入ります。

でも「見た目より使い勝手」という方は楽天カードをおすすめです!

 ブログに貼り付け & ご紹介大歓迎!

お金ブロガーおすすめのクレジットカード

楽天カード

  • 管理人が最も長く愛用クレジットカードにして、最もおすすめの1枚。
  • 年会費完全無料!楽天市場でポイント4倍!
  • 申し込みでも数千円分のポイントゲットできます。クレジットカードは要らなくても、ちゃっかりポイントだけもらうのが賢い生き方だぞ!
  • 私の職場では9人中6人持っていました。
  • JCB」選んどけ!!→ 参考その理由

Yahoo! JAPANカード

  • 年会費完全無料!Tポイントが貯まるクレジットカード!
  • ヤフーショッピングではいつでもポイント3倍!
  • 入会で最大10,000円相当のTポイントがもらえる!
  • カード入会月と翌月はどこで使ってもポイント3倍!大きな買い物の前に申し込むのが賢いぞ!
  • JCB」選んどけ!!→ 参考その理由

dカード

  • dポイントが色々なお店で貯められる!
  • ローソンで3%OFF!
  • 最大7,000円相当の入会特典も!
  • ドコモユーザーは背伸びをしてでもゴールドカードを選ぶべし!通常カードの10倍お得だよ!
    参考その理由

Copyright© 図解 de クレジットカード , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.