dカードプリペイドのメリット・デメリットまとめ!申込み資格はドコモユーザーだけ!

更新日:

dカードプリペイドの特徴

NTTドコモ携帯回線契約者が利用できる「dカードプリペイド」というカードがあります。dポイントカードにプリペイド機能+電子マネー「iD」の機能を持たせたカードになります。

クレジットカードではありません。

dカードプリペイドのメリットをまとめてみました。

メリット

  • プリペイド決済でdポイントが貯まる
  • dポイント加盟店の提示でdポイントが貯まる
  • ローソンでプリペイド決済すると 3%OFF

クレジットカードと違い入会審査はありません!12歳(中学生)以上であれば申し込みが可能です。(ただしDoCoMoユーザーのみ発行が可能)

年会費、発行手数料も不要です。

プリペイドカードとして支払いができる機能に加え、「dポイントカード」のポイントカード機能も一体になっています。

プリペイド決済でdポイントが貯まる

プリペイドカード決済で支払いをすると、利用金額200円ごとに1ポイントが貯まります。貯められるポイントは「dポイント」です。

プリペイドカード」は、簡単に言うとあらかじめ現金をカードに入金して、利用するタイプの電子マネーのようなものです。

交通系ICカード「Suica」やイオンの電子マネー「WAON」の使い方をイメージしていただくと良いと思います。

この「dカードプリペイド」の場合、MasterCard加盟店で使えるプリペイドカードです。(カード盤面にMasterCardのロゴが印字されてます)

使い方はとっても簡単で、対応するお店のレジで「カード払いで」と伝えればOK。クレジットカードと同じ使い方です。

クレジットカードと違うのは、あらかじめ現金を入金しておかないと支払いができないという点です。

dカードプリペイドはもう1つ電子マネー「iD」のロゴがついてます。「iD」の加盟店でも利用できます。

残高はMastercardとiDで共通です。Mastercard、iDの区別なくどちらを使って決済しても共通の残高から差し引かれていきます。

私はリリース情報を見た感じで、「iD決済ができるのは便利だなー」と感じました。こういったプリペイドカードで電子マネーの機能を搭載したカードはほとんどないかと思います。

カードを渡してサインして…という方法よりも、端末にカードをかざしてピッでお会計が終わる電子マネーの方が簡単で早いですものね。

dポイント加盟店の提示でdポイントが貯まる

買い物の際にdポイント加盟店でポイントカードを提示すると、100円につき1ポイントが貯まります。もちろん貯まるポイントはdポイントです。

参考dポイント加盟店はこちら

dポイント加盟店でプリペイドカード払いをすれば、「ポイントカード提示」と「決済」でdポイントが2重で貯まります。

dポイント加盟店 「ポイントカード提示」と「決済」でポイント2重取り
(合計200円につき3ポイント)
それ以外のお店 「決済」でポインント
(利用金額200円ごとに1ポイント)

貯まったdポイントは、dポイント加盟店店頭などでのお買い物に1ポイント1円(税込)として使うことができます。

詳しくはdポイントカードの解説記事でどうぞ!

ローソンでプリペイド決済すると 3%OFF

ローソンでdカードプリペイドを使って買い物をすると利用金額の3%、お得になります。

会計時にレシートで3%割引ではありません。

1回ごとの買い物金額(税抜)の3%分(1円未満は切り捨て)が、利用の翌月中旬にカードにチャージされます。ローソンで利用した金額の3%分の金額が、翌月に残高に戻されるイメージです。

公式HPでは「3%割引」としていますが、実際は3%のキャッシュバックですね。

でも普通に買い物をするより、3%も得することになります。ローソンでお得なのは間違いなし!

先に紹介した「ポイントカード提示」と「決済」のポイント還元と合わせると、合計で4.5%もお得になる計算です。

dカードをローソンで使って3%OFFになった体験談を書いています。少しプリペイドとは異なりますが、参考にしてみてください。

dカードプリペイドを使う上での注意点!

申し込み資格・方法

dカードプリペイドのお申し込みには、以下の条件があります。

  • NTTドコモ携帯回線契約者でかつdアカウントを持っている
  • 12歳以上(中学生以上)

つまりdカードプリペイドを所持できるのは「ドコモの回線契約をしている12歳以上の方」ということになります。非ドコモユーザーでは申し込みができません。

参考申し込みはこちらから

私も申し込みできませんでした・・・残念。

どうやってdカードプリペイドへ入金(チャージ)する?

チャージ方法は主に2つ。ローソンの店頭かインターネットから、です。

ローソン店頭 1,000円から最大49,000円まで1円単位で現金でチャージ可能
dアカウントのマイページ
(インターネット)
電話料金合算払い
チャージ金額がドコモの携帯電話料金と合算して請求されます。
dカード(クレジットカード)払い
所有しているdカードに請求されます。
dポイントを残高に移行
貯めたdポイントで1ポイント=1円としてチャージできます。

チャージにお金がかかるケースも!

プリペイド機能を使ってお買い物をするには利用前にチャージ(入金)が必要です。しかしその場合、チャージに手数料がかかってしまうケースがあるかも。ご注意ください。

チャージに対して手数料がかかってしまうのは「ローソン店頭でのチャージです」。

現在ローソン店頭でのチャージは、チャージ手数料無料キャンペーン実施中です。発行開始~2017年9月30日まではチャージの手数料は無料です。

ただしそれ以降の場合、1回のチャージにつき手数料200円がかかることになっています。

dカードとどちらがお得?

結論から言ってdカード/dカードGOLDです。

ポイント還元率(一般利用時)

dカード/dカードGOLD 利用金額100円ごとに1ポイント(還元率1.0%)
dカードプリペイド 利用金額200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)

ポイント加盟店でdカード/dカードプリペイド提示で獲得できるポイントは同じですので、単純にポイント還元率はdカードよりも劣ります。

ドコモ回線を利用する上でのメリット

dカード/d-カード GOLDならドコモ回線の利用とセットで下記のような特典があります。

dカード dカード GOLD
dポイントクラブ
優待
カード保有で即、ブロンズランク
(ドコモ回線10年以上利用者と同格)
カード保有で即、最上位ゴールドランク
(半年10,000ポイント獲得者と同格)
dカードケータイ保証 最大1万円補償 最大10万円補償
専用デスク あり

dカード本会員であれば年会費も無料ですので、dカードプリペイドと悩むのであれば、断然dカードがおすすめです。

そして「dカード」というクレジットカードを選択するのならば、dカードよりもdカード GOLDが断然おススメです。

dカード GOLDは年会費10,000円のゴールドカードです。自分には「ゴールドカードは敷居が高い」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、是非ちょっと背伸びをして「dカード GOLD」にチャレンジしてみてください。

「dポイントクラブ優待」で最上位ゴールドランクにアップすると、めちゃくちゃお得です。

詳細を書いた記事が下記になります。是非ご覧ください。

お金ブロガーおすすめのクレジットカード

 ポチッとクリック後「貼り付け」できます!(SNS投稿に便利!)
ブログタイトルとURLをコピーする
 【テキストリンク】ブログでご紹介大歓迎!コピペするだけ!

 現在 004 名の方に Feedly をFollowいただいてます!

おすすめ記事

Copyright© 図解 de クレジットカード , 2018 All Rights Reserved.