イオンカード(WAON一体型)を図解で解説!新機能・使いこなす方法まとめ【2018年最新】

更新日:

イオンカードWAON一体型

イオンカード(WAON一体型)」といえば、最もスタンダードな人気カードです。

2016年WAON POINTがスタートしたことに伴い、このイオンカードにも新しい機能が追加されています。イオンカード(WAON一体型)の最新の機能・使い方をまとめてみました。

イオンカード(WAON一体型)に追加された機能

それが冒頭でも触れた「WAON POINT」を貯めることができる「WAON POINTカード」機能です。これは一部のカードを除きほぼすべてのイオンカードに、WAON POINT開始と伴に自動で付帯されています。

WAON POINTカードとは?

WAON POINTを貯めることができるポイントカードです。200円(税込)につき1WAON POINTが貯まります。

WAON POINTは、TポイントやPontaなどの「共通ポイント」というくくりになります。ポイント加盟店で共通して貯められるポイントですね。

参考WAON POINT加盟店一覧

現在は上記(リンク先参照)のようなお店が加盟店になっています。

その他詳しい説明は下記の記事で詳しく解説しています。

[bc url="http://okane-blog.com/waon-pointcard/"]

イオンカード(WAON一体型)にはWAON POINTカード機能が内蔵へ

先の紫のポイントカード機能がイオンカード(WAON一体型)にも自動で与えられています。先にも触れた通りた、ほぼすべてのイオンカードにも同様の機能あります。

しかしWAON POINTがスタートしたことで、このイオンカード(WAON一体型)で貯められるポイントが一部変更になったり、新しい貯め方も可能になりました。

イオンカードのWAON決済 【変更】WAONの利用で貯められるポイントが「WAONポイント」から「WAON POINT」に変更になりました
イオンカードでカード決済 ときめきポイント(従来と同じ)
【新機能】WAON POINT加盟店でのカード提示 WAON POINT加盟店で買い物の際に、イオンカードを提示するとWAON POINTが貯まります。

WAON決済での変更点

変更になった点では、WAON決済を行うと従来は「WAONポイント」が貯まりましたが、現在では「WAON POINT」が貯まります。

この2つは読み方は同じですが、英字つづりかカタカナかで全く別物になります。

WAON POINT 【貯め方】WAON POINT加盟店での提示で200円(税込)ごとに1WAONポイント付与。
【使い方】WAON POINT加盟店でのお買い物で1WAON POINT = 1円で利用できる。
電子マネーWAONポイントに交換することも可能。
WAONポイント 【貯め方】WAONでの支払い200円(税込)ごとに1WAONポイント付与。
【使い方】WAONポイントは電子マネーWAONへ交換できる。

新たな機能

新たな機能としてはWAON POINT加盟店での「提示」でWAON POINTを獲得できる点です。

これまでは現金払いのときにイオンカード提示しても、ポイントは付与されませんでした。(従来だとお客様感謝デーの5%割引は「提示」で可能でした)

新しい制度では、例えばイオンのレジで会計をする際に、イオンカードを提示し代金は現金で支払いを行うとWAON POINTが200円につき1ポイント付与されます。

支払い方法は現金のほか商品券でもクレジットカード(イオンカード以外)でも対応する電子マネー(WAON以外)でもOKです。この仕組を使うとポイントの2重取り3重取りがイオンでも可能になります。

しかしイオンカードでクレジット払いをしてしまうと、これまで通り「ときめきポイント」が貯まります。ときめきポイントはWAON POINTにも交換できるので特に損をするわけではありませんが、これから紹介する支払い方はできなくなります。

ちなみにイオンカードがあれば、WAON POINTカードは必要ありません。これはWAON POINTの公式ページにも記載されています。(一部券種のみWAON POINTカード機能がありませんのでご注意ください。)

イオンでポイントの多重取りが可能に!

先のイオンカードを「提示してポイントを得る」という新しいイオンカードの使い方を応用すればポイントの多重取りが「理論上」可能です。(※一部未検証です。)

改めてどんな支払い方が可能になるか紹介していきます。

イオンカード提示+別のクレジットカード決済(イオンカード以外)でポイントの2重取り

下記の方法でのポイント獲得はコールセンターでも確認済です。

イオンカード提示でWAON POINTを獲得 (還元率0.5%)
別のクレジットカードで決済することで、クレジットカードのポイントも獲得

この方法を使えばポイントの2重取りが可能です。

高還元率のクレジットカードを使えば還元率がアップします。

カード名 カード還元率 「提示」と合わせた還元率
リクルートカード 1.2%(リクルートポイント) 1.7%
楽天カード 1.0%(楽天スーパーポイント) 1.5%
Yahoo!JAPANカード 1.0%(Tポイント) 1.5%

会計の際、しっかりと「イオンカードはWAON POINT用で、決済は別カード」ということを伝えた方が安心です。

イオンカード提示+対応する電子マネー(WAON以外)でポイントの2重取り

これも考え方は上記のクレジットカードを使う方法と同じです。ただしその店舗で対応している電子マネーを使う必要があります。

例えばイオンの場合、WAON以外だとiD・QUICPay(クイックペイ)・Suicaの電子マネーが使えます。下記は例。

イオンカード提示+dカードの「iD」決済
イオンカード提示+リクルートカードの「QUICPay(クイックペイ)」決済
イオンカード提示+ビックカメラSuicaカードの「Suica」決済

電子マネーを使えば、電子マネーのポイントも貯めることができるのでポイントの2重取りができます。

イオンカードの特徴・メリット

ここからは本来のイオンカードのメリットを整理して、紹介していきます。

イオンカードで商品代金を支払えば、ときめきポイントが貯まります

イオンカードの利用金額に応じて「ときめきポイント」がたまります。

通所200円(税込)ごとに1ポイント。

たまったポイント数に応じて素敵な商品との交換やポイント移行できます。

ときめきポイントの使いみち

?交換・移行先 ?移行レート 手数料など
WAONポイントに移行 1,000ポイント以上500ポイント単位 手数料なし
「WAON POINT」に移行
【WEB限定】
1,000ポイント以上500ポイント単位 手数料なし
?イオン商品券に交換 1,000ポイント(1,000円分)以上、
500ポイント(500円分)単位
交換手数料250ポイントが必要
JCBギフトカードに交換 1,000ポイント(1,000円分)以上、
1,000ポイント(1,000円分)単位
交換手数料250ポイントが必要
?d POINT(ドコモポイント)に移行 ?1,000ポイントより、500ポイント単位 ?d POINT CLUB会員
?JALマイレージバンクのマイルに移行 ?1,000ポイントより、500ポイント単位 ?要JALマイレージバンク(JMB)会員

搭載されたWAONでの支払いでWAON POINTが貯まります

先にも少し紹介しましたがWAON POINTの開始に伴い、イオンカードのWAONについて仕様が変更になっています。

「200円ごとに1ポイント」はそのまま。貯まるポイントが「WAONポイント」から「WAON POINT」に変更になっています。

WAON POINTは1ポイント単位で買い物代金の支払いに利用できます。

100WAONポイントごとに、100円分のWAON(電子マネー)と交換しなければいけなかった「WAONポイント」に比べて使い勝手が良くなっていると思います。

イオンカード(WAON一体型)は入会費も年会費もETCカードまで完全無料です。

イオンカードは入会費・年会費とも永久に無料です。

さらにETCカードも完全無料で発行・利用できます。年会費無料のカードでさらにETCカードまで無料というのはなかなかありませんよ。

年会費・入会費 無料
ETCカード年会費・入会費 無料
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB

イオングループの対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍!

2016年6月1日(水)からルールが変わり、イオングループの利用でもらえるポイントが増えました!

通常200円(税込)で1ポイントのところ、全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどの対象店舗では200円(税込)で2ポイント!いつでも2倍になりました。

2016y06m02d_145929096

イオングループの利用でいつでもポイント2倍!

毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は5%OFF!

CMでもお馴染み!あのメロディーを思い出す方も多いのではないでしょうか。

毎月20・30日はイオンカード決済またはイオンカードの提示+現金払いでイオンの食料品・衣料品・生活の品が5%OFFになります。

詳しくは下記のページで紹介しています。

[bc url="http://okane-blog.com/aeon-day/"]

55歳以上の方限定!毎月15日は「G.G感謝デー」で5%OFF!

55歳以上の方は、毎月15日にイオンカードでお買い物をするだけで5%OFFになります。G.G感謝デーについては下記で詳しく説明しています。

[bc url="http://okane-blog.com/ggkansya-day/"]

ちなみにイオンカード(WAON一体型)にはカードの左上に「GGマーク付き」という、シニア向けカードがあります。GGマーク付きのイオンカードは55歳以上の方でないと申し込みをすることができません。

card-043

「普通のイオンカードと何が違うの?」と気になった方もいるかと思います。

このイオンカードに関しては「GGマーク」には特に意味がない、というのが私の見解です。

GGマークが無くても、自動的にG.G感謝デーの対象になるからです。GGマークがあるからと言って特にメリットは増えません。

55歳を越えてからイオンカードの更新が行われた場合には、GGマークが自動的につきます。

イオンシネマの映画 一般通常料金各300円引き

img_5434aa

イオンシネマの一般通常料金(1,800円または、1,700円)をイオンカードでの支払いで、会員の方と同伴の方(大人1名まで)各300円引きになります。(一部映画館除く)

※ 各種サービスや他の割引きサービスとの併用不可。
※ 一部特別興業作品は対象外。

各種優待施設で特典(カード優待)

イオンカードを提携の施設などで利用・提示すると特典を受けられることがあります。

遊園地・アウトドアスポットなど様々な施設での特典が受けられます。

参考全国の優待施設をみる

まとめ

ご覧のようにイオンカード(WAON一体型)は「クレジットカード・電子マネーWAON・WAON POINTカード」、3つの機能を備えたカードになります。

少し覚えることが多い印象を受けるかもしれませんが、イオンカードの最もお得な使い方は「お客様感謝デー」の5%OFFが大きいです。

イオンカードのおすすめの使い方

個人的な見解ですが、イオンカードで最も得する方法は「イオングループ以外では使わないこと」です!

ジャスコ、マックスバリュ、サティ・ビブレ、ポスフールをはじめとするイオングループ各店舗での買い物だけの専用カードにします。イオングループでのポイント還元率は基本1.0%です。

私の場合は完全に20・30日のお客様感謝デーの専用カードと化しています。でも生活に必要なものが5%OFFで手に入るので、ほしいものは我慢して待ちます。この日を待ってましたと言わんばかりに買いだめします。

ややこしいテクニックを駆使すれば、ある程度得もできますが、私のようなシンプルな使い方でも十分にメリットが有ると言えます。

イオンカードセレクト

お金ブロガーおすすめのクレジットカード

 ポチッとクリック後「貼り付け」できます!(SNS投稿に便利!)
ブログタイトルとURLをコピーする
 【テキストリンク】ブログでご紹介大歓迎!コピペするだけ!

 現在 004 名の方に Feedly をFollowいただいてます!

おすすめ記事

Copyright© 図解 de クレジットカード , 2018 All Rights Reserved.